TOP | 資格制度 | 資格制度

Qualification scheme

資格制度

資格のクラスごとにステップアップのための講習会が各地で開催されます。
自分の資格クラスの講習会に参加し技術および天城流湯治法の身体哲学を体得していきます。

天城流湯治師範

湯治司による推薦を得た者が専門分野の論文を提出し、論文検証委員会に認められた場合、湯治師範となる。天城流湯治法における専門分野の教鞭をとることができる。
 

天城流湯治師

湯治士に昇格後、1年後以降に開催される昇格試験を受験。合格した場合湯治師となる。合格の場合、湯治師の資料(テキスト、映像をいれたデータ)、ディプロ、湯治師ファイル(黒色)を授与する。
独自に天城流湯治法健康セミナーおよび個人セッションを開催する事ができる。
 

天城流湯治士

指導者育成受講後、1年後以降に開催される昇格試験を受験。
合格した場合湯治士となる。
合格の場合、湯治士の資料(テキスト)、ディプロ、
湯治士ファイル(茶色)を授与する。
独自に天城流湯治法健康セミナーを開催する事ができる。
 

天城流湯治士補

3日間の指導者育成を受講した者に授与される。
湯治士補の資料(テキスト)、ディプロマ、湯治士補ファイル(紺)を授与する。原則として単独で天城流湯治法健康セミナーおよび個人セッションを開催することはできない。湯治司・湯治師の開催する健康セミナーおよび個人セッションにアシスタントとして参加し技術を鍛錬する。
 
湯治士補指導者育成についてこちらから
 

天城流療法士

3日間の医療従事者のための講習会を受講した者に授与される。
湯治士補の資料(テキスト)、ディプロマ、療法士ファイル(茶)を授与する。
各々の専門分野の治療に取り入れて行くことが望ましい。
湯治士補および湯治士の指導者のための講習会に参加することができる。
 
医療従事者のための講習会についてこちらから